"気象病"も、お灸や鍼で改善!志木・鍼灸プライベート治療室

query_builder 2021/10/03
ブログ
気象病

ここ数日で、すっかり秋らしくなりました。

8月の終わりから、9月にかけて、急激な温度差や台風の影響で、体調を崩した方も多かったと思います。

 

気圧の変化に、身体がついていけない方は

頭痛やめまい感などの症状が出やすい時期です。

 

私達は、耳の奥にある"内耳"で気圧の変化を感じとっていて、それを自律神経に伝え、コントロールしています。

 

気圧が下がると、体の外からの力(圧)が減り、血管が膨張します。

ここで、自律神経のコントロールが上手くいかないと、頭痛などの症状が出やすくなります。

 

お灸や鍼を使って血流を良くし、凝りをとり、自律神経の調整をおこなう事で、季節の変わり目も元気に乗り越える事が出来るようになります。

 

日頃のストレッチも効果的ですね。

私は、朝起きたらベランダに出て、太陽の光を浴びて(曇りや雨でも)、空に向かって感謝しつつ、ストレッチをします。

 

朝は忙しいので、簡単に済ませてしまいますが、それでも続けていると、効果がある事を実感します。

なんでも積み重ねは大切だなと思います。


NEW

  • お灸の可能性について。

    query_builder 2022/10/30
  • 季節の変わり目に、気をつける事。

    query_builder 2022/09/15
  • 本年もよろしくお願い致します!志木・鍼灸 プライベート治療室

    query_builder 2022/01/02
  • 生理中に効果的な鍼灸の施術

    query_builder 2022/12/01
  • 針と鍼の違い

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE